派遣社員について、正しい知識を持とう

派遣社員として働く期間

派遣社員の求人を見ると、短期と長期があります。
短期とは、繁盛期の1か月間だけとか、夏休みだけとか2か月までの仕事である場合がほとんどです。
それに対して長期となると、3か月以上と銘打ってあり雇用主としては6か月あるいはそれ以上を期待している事も少なくありません。
短期のメリットは、期間が短いのでたとえその仕事があっていなかったとしても、我慢がきくという事です。
またその仕事への適性を見極めたいという場合にも短期は有利です。
長期雇用で契約しているのに、1~2か月でやめてしまうという事になると、その人の信用度も落ちてしまい、派遣会社としても新しい派遣先の紹介もしづらくなるからです。
ですから専業主婦となって長く、派遣社員として働くのが初めての場合などは、まず短期で働いてみて自分の力量を確かめてみることをおすすめします。
その代わり、期間が短いのでもっと働きたい場合には、短期契約の期間に並行して新しい仕事を探す必要があります。
その点、長期雇用だと安定して仕事があり、うまくいくと直接雇用や正社員への道が開ける場合もありますから、ステップアップの為には、自分にあった職場での長期雇用が理想的といえそうです。

派遣社員の契約期間の重要点

いくらか例外もありますが、派遣社員の期間の重要な数字があります。
それが2年であり、これが大原則になっています。
それ以上の場合は、直接雇用を促すようになっていますし、派遣社員側がそれを求めた場合はやらないといけないことになっています。
このあたりのことは改正させる可能性がありますが、少なくともそうした期間があるのは間違いないです。
そもそもずっと派遣で同じ人を使い続ける、ということを許していないからであり、こうした制約は確実にやるようになります。
大抵の場合、細かい契約の場合は、半年くらいの功臣であるときが多いです。
そのあたりは企業次第ではありますが、まず2年が大きな転換期であるのはまず確実ですから、これは知っておいたほうが良いです。
ちなみに1回契約を切って、再度契約、なんてことをするところもありますが、避けたほうが良いです。
どうしても派遣で働きたいわけでもないのであれば、特にメリットが労働者側にはないです。

最終更新日:2015/8/24

『派遣社員 期間』 最新ツイート

@Nakamura_Mitaka

新宿駅で都労働相談情報センターの街頭労働相談を見学しました。都議会の代表質問で取り上げた派遣の期間制限のパネル展示がされました。派遣法改正により派遣社員を3年以上継続雇用した場合、正規雇用にする義務が課せられますが、雇用の安定が趣… https://t.co/YRuXpOosp1

4時間前 - 2018年10月16日


@xxx_action

@katazawa_s 改善の為に派遣される社員さんのOK出ないとクビだからね!!! ただその交換期間で来るのがストレス源のスタッフ😇

5時間前 - 2018年10月16日


@Innsmouth_h

@billynmc 退職日の話をした後、会社が社員に派遣契約書(就業条件明示書)を渡してないことについて触れたら 「契約期間とか書いてある書類を見せたら不安になる人もいるのに、なんでそんな見たがるの?」と逆切れしてたので その辺がアカウント削除した理由かなーと思います。

7時間前 - 2018年10月16日


Copyright(C) 2015 ハケンのメリット. All rights reserved.